失敗事例をサイトで報告すると読者にウケる?成功体験と失敗体験

penaruthi

あなたは、成功体験と失敗体験どちらに興味がありますか?
ネットビジネスにおける失敗事例をコンテンツにしてみることも案外おもしろいですよ

成功体験と失敗体験をサイトで紹介する

 

私が運営しているアフィリエイトサイトでは成功体験とともに失敗体験
あわせて紹介するように心がけています。

 

理由としては、サイトに訪問してくるすべてのユーザーが
成功事例を知りたがっているのではなくて
具体的な失敗事例を、わかりやすく紹介してあげること
でユーザーに価値を与える事が出来ます。

 

実際に、成功事例よりも失敗事例がリアルに感じたりしませんか?

 

アフィリエイト系の情報サイトでもそうですが、成功事例などが
多く解説されているサイトが多いのですが
失敗事例を、積極的に紹介しているサイトは少ないはずです。

 

 「成功する方法よりも、失敗する方法を先に学んでしまう」 

 

“成功法則”よりも”失敗法則”を先に理解しておくことで、失敗事例を
実践するような人はいないはずです。

アフィリエイトで実績をあげたい一心で、情報商材を買いあさり
ノウハウコレクターになってしまうくらいであれば、「失敗する方法」を
学んでしまうことが圧倒的に賢い選択だといえます。

 

 私が運営しているアフィリエイトサイトでは、失敗事例をこのように紹介してます。 

 

私が運営するサイトで提供している失敗体験の例

運営しているサイトのキーワードは「20代男性 乾燥肌 改善」

(1)失敗事例・乾燥肌に効果的だと思っていたが使用して失敗した美容アイテム
・化粧水・保湿剤・乾燥肌用のクリームなど

(2)失敗事例・乾燥肌改善のために実践して失敗した洗顔
・使用した洗顔料・実践した洗顔のやり方

(3)失敗事例・知らなかった乾燥肌に逆効果な日常の習慣
・直射日光に肌をさらす・熱いお湯でシャワーを浴びる

 

大まかですが、失敗体験をサイトで公開してあげることで
サイト訪問してくれたユーザーに価値を与えることができます。

 
私が運営している美容系サイトの場合、
多くのユーザーは乾燥肌を改善するための方法やノウハウを
知るために検索エンジンを利用すると思いますが
「失敗事例」を紹介してあげることで、うっかり犯してしまいがちな
ミスを未然に防ぐことにも繋がりますので、失敗事例を提供することには価値が大いにあります^^

 

 「私が経験した、乾燥肌を重傷化させてしまう5の習慣」 

 

このようなサイト記事タイトルがあったら思わずクリックして
コンテンツの中身を確認したくなりませんか???
乾燥肌で悩みを抱えている人であれば、余計に気になりますよね(^^)

 

読者にウケるコンテンツは、なにも成功事例だけではなく
中には失敗した事例などを、公に公開していくことがポイントです。

 

サイトアフィリエイト運営の失敗事例

「サイト運営開始から3ヶ月でペナルティをウケた理由」

キーワード選定を軽視して、サイト記事を6ヶ月更新した結果」

「様々なノウハウに目移りをした、僕が1年で学んだ事」

「ブラックハットSEOでサイト運営をして後悔した10のこと」

 

このように、成功体験ではなく自分自身が失敗して後悔したことを
サイトで公開していくことで、ライバルアフィリエイターは恐らく
あなたが紹介する成功事例よりも、価値を感じるはずです(-v-)

 

こういっては何ですが、人の成功体験よりも壮絶な失敗体験を
聞くことが、2倍も3倍もリアルでおもしろくないですか?(良い意味で)

 

私も過去にサイトアフィリエイトで様々な失敗をしてきました。
心当たりがあるケースでも数十件はあります(笑)
当サイトでも積極的に私が経験した失敗事例を紹介していこうかと思います(笑)

 

極論を言ってしまえば。「失敗事例」だけをコンテンツとして
サイトを開設してもおもしろい結果になりそうですね。

 

私の場合ですと、今Twitterアフィリエイトに実践している真っ最中なので
恐らくこれから失敗も数多く重ねると、思いますのでそこらへんも
赤裸々に当サイトで公開していこうと考えています。

では、今回も最後までご覧いただきましてありがとうございました!
こじしょー

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 春日かなた より:

    こんばんは、春日かなたです。
    たしかに成功体験より失敗体験の方が目に入りやすいですね。
    特に、ネットビジネスでは、成功事例より失敗事例の方が圧倒的に多いので、それを記事にするのもおもしろいかもしれません。
    こういうことをしたら、このような失敗があるからダメ。
    このように、失敗経験を書くことで、読者との共感も得られやすいと思いました。

    役立つ記事をありがとうございます。
    これからも応援します。

コメントを残す

*