検索エンジンを利用するユーザーの深い悩みキーワードを探すコツ

悩み系キーワード

アフィリエイトサイト作成で大切なキーワード選定!
検索エンジンを利用するユーザーの深い悩みを探し出して
解決策を提示してあげることがとっても重要だということ。

ユーザーの悩みは深い浅いがある

 

サイトアフィリエイトの場合はただ自分が書きたいことを
サイト記事にしていても、アクセスは集まりません。
たまたまアクセスが集まったとしても購買意欲の高いユーザーを
サイトへ集客することは恐らく難しいです。

 

そのためにも、深い悩みを持ったユーザーをサイトへ
集客するために知っておいてほしい事がいくつかあります。

ユーザーの悩みには、(深い)(浅い)がある

悩みの深さの違い
「浅い悩み」→よくある悩み。誰にでもある。解決策が多い。解決が簡単
「深い悩み」→珍しい悩み。解決策が少ない。解決が難しい。

 

シンプルに表現するならこういうイメージが最適です。

当然ですが、浅い悩みというものは簡単に解決するか
もしくは、解決を真剣に悩んでいない場合が多いです。

 

深い悩みは、浅い悩みとは反対にとてもデリケートです。
解決が難しく、誰にでも相談できる内容ではなかったり
本気で悩んでいる場合がほとんどです。

 

この悩み系キーワードの深さと浅さを理解しておくだけでも
今後サイトアフィリエイトで、サイト記事を作成する場合に
非常に役立ちます。

 

浅い悩みというのは、解決が容易なパターンが多いので
悩みを解決するための商品などを必要としない場合が多く
商品成約までに至るケースは比較的すくないです。!!

 

私は普段、サイトコンテンツ作成時には悩みの深さを
意識するようにしています。

深い悩みキーワードほど検索件数も少なくなりますが
その分、濃い見込み客を狙って集客することができます。

 

深い悩みキーワードは探すのが難しい

サイト記事作成

 

悩みが深い系キーワードほど探しだすことが難しいのが現実です…….
では、どうすればより深く濃い悩み系キーワードを
探しだすことができるかといいますと。

 

悩みを持つ当事者に教えてもらう 」ことが1番早く確実です。

 

でも、これがなかなか難しいですよね。だって悩みを持っている
人が自分のまわりにいるとは限らないですし
仮にいたとしても、打ち明けてくれる可能性も低いです(笑)

 

そういった場合には、自分自身が持っている深い悩みを
一度紙にでもいいので書き出してみてください。

 

パソコン入力のほうが早いので時間がない場合には
PCのメモ帳などにズバッと書きだしてください。

 

そこから連想ゲームのように自分の悩みに関係するワードを
1つ1つ書き出してください。

「アフィリエイトで結果がでない」→「能力がないから」→「学ばないから」
「学ぶお金がない」→「貧乏」→「カネが必要」→「ノウハウを学ぶカネが必要」

 

「アフィリエイトで結果がでない」を例えとしてだしましたが
実際には、「アフィリエイトで結果がでない」原因は能力が
ないからではなくて、「ノウハウを学ぶカネがないから」かもしれません。

 

自分では気がついているつもりでも、わかっていない場合もあります、
このように深い悩みは、ハッキリとしていない場合もあります。
心のなかではモヤモヤしながら悩んでいることは
案外難しいモノではなくてシンプルな答えの場合が多い です(^^

 

この人は、「ノウハウを学ぶカネがない」から検索エンジンで
「アルバイト 高額 求人 都内」などのキーワードで検索する
かもしれないです。

 

「アルバイト 高額 求人 都内」こう検索してくる人は
何も先ほど例にあげた人だけではありません。

 

「とりあえず都内でバイトしたい人」
「都内で時給が高いアルバイトを探している人」
「都内と高額時給が絶対条件でバイトしたい人」

 

目的は違えど、検索するキーワードは同じ。ってことは
充分考えられることです。
ですので、キーワードだけを見てユーザーを想像するだけでは
なかなか濃い見込み客をイメージすることができないです。

 

そのため、自分自身でも一度考えてみて
深くまで悩みのキーワードを掘り出して掘り出しまくって
たどり着くまで一度実践してみる!
ことが大切です^^

 

濃い悩み系キーワードは探し出すことは容易では
ありませんが、一度探すクセや経験をすることで
実際にテクニックがつきますので

 

悩み系キーワードから、検索エンジンを利用する
ユーザーの心情や動機までを予想してみること ができます。

 

ここで勘違いしてはいけないのが、すべての
ユーザーが予想した通りの心情ではないです。

 

アナリティクスで自分のサイトにアクセスしてきた
ユーザーが実際に検索したキーワードを見ていると
まったく意味不明なキーワードも多々あります(笑)

ロングテールキーワードで集客しているので
仕方がない部分はありますが
予想していたキーワードだけで集客をできる
わけではなくて、ロングテールで自分が予想だに
しない、複合語でアクセスされることが多いです.

このようなポイントをしっかりと理解しておくことで
今後サイトアフィリエイトでキーワード選定時に
ライバルサイトよりも美味しいキーワードを
1つでも多く見つけ出すことができると思います。

悩み系キーワードまとめ

・悩み系キーワードには深い・浅いがある
・深い悩み系キーワードはより濃い見込み客になる
・浅い悩み系キーワードは、見込み客にはなりにくい
・深い悩みを探す事は難しい。すぐに見つかることはない
・実際に悩みをかかえている本人に聞くと参考になりやすい
・私自身が抱えているコンプレックスや悩みを掘り下げてみる

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ニコラス より:

    こじしょーさん

    こんばんは。ニコラスです。

    深い悩みと浅い悩み。なるほどですね。

    私もいまヤフー知恵袋などで、
    悩みを探っているのですが、
    なかなか、見込み客になりえそうな方の
    悩みを見つけるのに苦労しております。。。

    ですが、逆に、自分の悩みを深く掘り返してみるのって
    大事ですよね!!

    明日から出張に出て、飛行機やらバスやらで
    移動時間が長いので、じっくりノートに
    書き出してみようと思います!!

    参考になりました!!!

    応援ポチさせて頂いております^^

    1. ore kojishow より:

      ニコラスさん。
      こんばんは(^^b)

      Yahoo!知恵袋や教えてgoo!は本当に
      役に立ちますよね。
      私もキーワード探しにはよく利用しています。

      ですが、ありきたりな悩みも多いので
      深くページを移動していかないと
      見込みキーワードがポンとかんたんに見つかる事は
      少ないですよね(笑)

      だからこそ、自分の悩みを深く掘ってみるのも
      有効的かなと思ったりしています^^

      私も、時間があるときにまとめて
      キーワード選定に注力する予定です。

コメントを残す

*