新規サイト作成のテーマ決めは自分の体験がおすすめ

経験談

前回、「自分自身の悩みで構築すると良いコンテンツを作り出せる」と
記事でご紹介しましたが今回は実際に作ってみよう!ということで
まだ、サイトアフィリエイトで結果を残せていない人は
この記事を参考にして、アイデアを膨らませてください。

過去に体験をコンテンツにする

 

サイトアフィリエイトで結果を思うように残せていない人は
まだ、サイト作成以前の段階のキーワードやテーマを選びを
根本から間違ったままの状態かもしれません。

 

「とりあえず、ビッグキーワードでサイトを作ればいいだろう」
「有名な商品であれば、絶対に購入率もいいはず」
「報酬額が高い、口座開設案件を狙ってみよう」

 

こういった考え方でサイトテーマやアフィリエイト案件を
選定したところで、一向に稼げるようにはならないです

私がまだ、結果を残していない人にこそ試してほしいのが

自分が過去に悩んだ事をテーマにサイトを作る 」です。

 

あなたが過去でもいいですし、現在でも悩んでいる事があれば
それなりに知識も苦労した経験も多く

 

自分と同じ悩みで、現在も苦しんでいる人たちに向けて
サイトを作成してください。

自分自身が体験していることですので、
より深い問題を理解できているので書籍やネット検索のみで
知識を補給した人間とは、2段階.3段階レベルが高い
コンテンツを提供できることが可能なはずです。

 

日本だけでも1億人以上の人間がいるわけですから
当然、自分と同じ悩みを抱えている人は数多くいますし
これからも増え続けます。

 

自分が苦労したり苦しんだ体験をテーマに
サイト作成をして、解決や改善をサイト記事で
バンバン紹介してあげるといいです。

 

実体験でもコンテンツを作れるので
読者からしてみれば、本当に親近感も湧きますし
勇気を与えたり、信頼を得ることもできます。

 

次のステップでは本格的にテーマ決めをしていくので
いま、あなたの強みとなる過去の体験が
いくつあるのか?自分自身で紙に書き出してください。

 

自分だけの強みでサイトを作成していく

 

自分の強みとなる、過去の体験や悩み
もしくは、コンプレックスはいくつ出てきましたか?

 

「2つでも3つでも良いです。なければ1つだけでも構いません」

 

私の場合は、小学生時代に悩んだ「アトピー性皮膚炎」です。
大人になるにつれ肌も綺麗になったのですが
小学生の頃は、肌が乾燥して荒れたりもしていました。

 

同級生とは明らかに違う肌状態に、ヒドく悩んだことも
ありました。アトピーを経験したことがない人には
恐らくわからない辛みや悩みが数多くあります。

 

「肌が乾燥して、とてもかゆい。でも掻けば荒れる 」
「夜寝ている間に、傷口に触れて朝起きてみると血が出ていた」
「小学校の体育の時間に、体操服を着るのが恥ずかしかった」
「顔が乾燥で荒れると、同級生と面と向かって話すことが苦痛」

 

などなど、アトピー経験者では一度は体験したことがある
悩みばかりだとおもいます(笑)
例をあげればまだまだ、あるのですが省略します。

 

ただ「アトピーを治す方法! 」なんてテーマでサイト作成しても
ありきたりですし、何よりもすでにライバルがサイトを
作ってしまっているので勝負をしても適いません。

 

ましてや、こういった医療系のサイトは
どこかの病院などがホームページで
症状の原因や対策方法などをコンテンツにまとめているので
いまから、同じモノを生み出しても上位表示もできないですし
アクセスを集めることもできません。

 

私たちが目をつけるべきところは、もっと深いところです。
浅い大きなテーマはすでにライバルも多く
後発組が勝負するには、あまりにも強すぎです。

だからこそ、深いところを狙っていく必要があります。

 

深くまで掘り下げて考えていく事が必要だからこそ
実際に体験した悩みは有利なのです。

 

自分が体験もしたことがなくて、知識もネット検索で
調べた浅いものでは、より深いキーワードを掘り下げる
余裕もなければ、情報もありません。

経験談

だからこそ、実際に体験した悩みで勝負してほしいのです。
先ほど考えてもらったキーワードを元に見込みがありそうな
テーマを1〜2つに絞ってください。

 

その絞ったテーマで、以下を踏まえて考えてください。
あくまでも、基準ですので例外もあります。

 

テーマ選定基準

(1)・自分が経験した悩み,コンプレックス
(2)・知識や興味があるもの
(3)・ライバルサイトが強すぎない市場
(4)・キーワードがすぐに枯渇しない(狭すぎる)
(5)・自分だけの強みをだせるテーマか?

(1)と(2)に関しては問題はありませんが
(3)と(4)はないがしろにしてはいけません。

(3)のライバルサイトが強すぎる市場に参入しても

本当にアクセスが集まらずに、辛い時間を過ごすだけですので
ライバルサイトチェックは絶対に行ってください。

最低でも確認してもらいたいことは以下になります。

 

ライバルサイトチェック

(1)・検索エンジン1位〜100位までは確認してみる
(2)・上位20位まで表示しているサイトのページランクを調べる
(3)・上位20位までのサイトページランクが0〜2だと狙える
(4)・個人サイトが多いか?企業サイトが多いか?(企業HPは強くて勝てない)
(5)・どのような切り口でライバルがサイトを作成しているか?

 

この5点を確認していただきたいです。
上位表示している1位〜20位までのサイトの
ページランクが0〜2までだと勝負しても勝てる可能性は大いにあります。

 

また、ライバルサイトがどのような切り口で
サイト運営しているか?にも注目するべきです。

 

上位表示することに成功しているサイトは
コンテンツも素晴らしいものが多いです。
ありきたりではなくて、そのサイトだけの強みも
必ずありますのでくまなくチェックしてください。

(私は、ライバルがアフィリエイトしている案件も確認します(^^))

 

以上の5項目をクリアした後はいよいよサイト作成に入ります。
ここまでしっかりとすれば、テキトーにテーマ決めしている
人間よりかは、はるかにリードしているので
後は、コンテンツをどのように作っていくか?キーワード選定
が、勝負になってくるので気を抜かずに
作業を続けていきましょう。

 

『参考記事』→検索エンジンを利用するユーザーの深い悩みキーワードを探すコツ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*