成果に繋がらないペラサイトの多くは”情報量”が少なすぎる

ag

ペラサイトで結果を出せない人は”量”と”質”この
2つが圧倒的に少ない場合がおおいです。
ペラサイトといっても中身を作り込まないと
ゴミサイトになってしまって結局損をしてしまいます。

ペラサイトの情報量が少ないと不利

 

ペラサイトを作成しても結果をだせない人は
ペラサイト自体の情報量が圧倒的に少ないからです。

 

ペラサイト “という名前からするとすべてテキトーに
作ってもいいように聞こえますがあくまでも作りこむことが重要です。

 

ペラサイトというほどですから、1ページ2ページで
構成されるサイトのことを意味します。

 

私は、ペラサイト1つ作成するにしても
情報量を意識して作り込みます。
ですが、1日に1つしか作れないほど時間が
かけるわけではありません。

 

ペラサイト1ページに対する情報量(テキスト量)が少ないと
上位表示は難しいです。
上位表示されているペラサイトはしっかりと
内容も充実しているものが多いです。

 

1ページの文字数が、300文字〜500文字程度の
薄い内容で構成したペラサイトを数多く作ることはおすすめできないです。

 

ペラサイトでも、チカラを抜かずに作ることが大切です。

 

ペラサイト1つの文字数はどのくらい?

 

私の場合は、ペラサイト1ページに5000文字以上は書き込みます。

 

1000文字しか書かないペラサイトを5個作るよりも
5000文字書いてペラサイトを1つ作成するほうが
結果をしては、成果に繋がりやすいサイトができます。

 

少ない労力で、数多く量産するのではなく
手を抜かずに1つ1つ丁寧にペラサイトを量産します。

 

どうしても、ペラサイト量産と書いてしまうと
テキトーに数多く作る 」と考えてしまう人が多いです、

 

ですが、テキトーに作ったペラサイトは結果には
繋がりにくいのが現実です。
最近では、検索エンジンが質の低いサイト順位を
下げる一方ですので力を抜きすぎるとよくありません。

 

中には、1ペラサイトにつき10000文字以上の
豊富な情報量を詰め込んだサイトも目にします。

 

決して、文字数や情報量が多いからといって
読むのが大変 」「長い 」なんて感じさせない
購買意欲が高い人がアクセスしたら思わず
夢中になって読み進めてしまうような文章が多いです。

 

このようにペラサイトであっても、作り込まれている
ペラサイトは価値を提供できています。

 

例え、1ページ、2ページで構成されていたとしても
何ら問題なく、成果を上げることができるのだと
あらためて実感しています。

 

記事数が少ないサイトが品質が悪い」なんてことは
一切ありえないとおもっています。
むしろ、必要な情報を最低限で提供しているので
ムダに何ページも関係ない記事を入れるよりも良いと思います。

 

稼げないペラサイトの特徴とは

 

 

やっぱり、稼げないペラサイトの特徴は「文字数が少なすぎる」ことが
圧倒的に多いです。つまり手抜きサイトです。

 

1ページだけでも、価値や情報を提供することが
できていたとすれば問題はありません。

 

ですが、500文字1000文字だけで
すべての情報を提供することは難しいです。
ペラサイトですから1ページくらい思いっきり何千文字を
書いたとしても決して多くはないと思います。

 

30分で簡単に作れるようなペラサイトは正直
今後も作っていく意味も価値もないと思います。
それなりに文字数や情報を入れていくと
自然とテキスト数も多くなっていきます。

 

そうすることで、結果としてはアクセスを
呼び込むことに成功するのですが
そこを知らないとただ、ムダに手抜きをして
稼げないペラサイト量産をしてしまうハメになります。

 

そうなれば、ドメイン代やサーバー費用まで
お金だけがなくなっていきますので注意するべきです。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*