サイトアフィリエイトで結果を出すには”悩みを言語化”すること

検索エンジンで悩み解決

サイトアフィリエイトで思うように結果を出せない人は
ユーザーが抱えている悩みや思いを上手に”言語化”できて
いない可能性があります。

ユーザーの悩みを具体的に言語化して
あげるクセをつけることが重要だと思っています^^

ユーザーの悩みを具体的に”言語化”する

 

ここ最近とくにサイトアフィリエイトで重要なことは
ユーザーの悩みをいかに理解できるか」だと感じています。

 

検索エンジンを利用してくるユーザーが必ずしも
自分が持っている悩みを明確に理解してない 」ことが
多々あると感じています。

 

自分が解決したいことでも、どうすればいいのか?
なんでこんなに悩んでいるのか?潜在的な状態
検索エンジンを利用しているユーザーは実際に多いです。

 

自分自身でも経験があるのですが
悩みを具体的に、捉えることができていない
ことがよくあります。
「だから、とりあえず検索エンジンで調べる」と
いう行為を繰り返したりもします。

 

私達、アフィリエイター側の人間はユーザーの
悩みを具体的に”言語化”する 」ことがとても重要です。

 

ユーザーの悩みを深く理解して、記事を書くことで
検索エンジンから訪れたユーザーは共感したり
悩みを解決する”きっかけ”にもなります。

 

ユーザーの悩みは十人十色

 

1つの悩みでも内容は様々です

例えば、ダイエットで言えば太っているだけが
コンプレックスや悩みの種になっているわけではないですよね。
また、痩せたい理由も人ぞれぞれです。

 

人それぞれ
・異性の目が気になるから10キロ痩せたい
・肥満で病気になることが怖いから痩せたい
・綺麗になりたいから痩せたい
・体重増加で健康状態が悪化したので痩せたい
・太ったのが原因で肌が荒れたから痩せたい
・太っていることで糖尿病になったから痩せたい

 

少なくとも、10人いれば悩みも10パターンあります。
ダイエットして体重を落としたい人達は
痩たい動機も目的も違います。

 

.
・最終目標は痩せることだけれども
・痩せる理由や動機は人ぞれぞれ

 

ゴールは同じでも、それまでの道のりやきっかけは
全く違う原因から来ているので
サイト記事をかくにしてもユーザーの目的や動機によっては
無限大に増やしていけますよね!

 

目的は”痩せること”.”動機は”人ぞれぞれ”

 

ここを深く理解していると、サイト記事1つ書く事にしても
ユーザーの悩みを理解して、これから誰に向けて
サイト記事を書くのか?

 

そこをしっかりと、イメージしやすくなることで
大勢に向けて書く記事とはまた違うデキになります。

 

100人に向けて書くより1人だけに伝える

アドセンスクリック

私が思うに、大勢に向けて書いているサイト記事は
思いが伝わりにくい 」と感じています。

 

同じ悩みを抱えている100人に向けて記事を
書くよりも
同じ悩みの中でも、細分化して1人に向けた
サイト記事を書く方が絶対に伝わるはずです。

 

より多くの人に見てもらうために
大勢に向けて情報がバラバラになった記事は
余計に伝わりにくくなります。

 

誰か、1人にターゲットを絞り
狙い撃ちするイメージで記事作成すると
結果をしてはより多くの人に思いが届くと思います。

 

ユーザーの悩みを言語化するのは難しい

検索エンジン悩み

ユーザーの悩みを具体的に言語化して表現するのは
そう簡単ではないと思っています。

 

ジャンルやその悩みに対して、相当な知識があったり
自分自身も体験していることだったりすると
ライバルサイトよりも深い情報を提供できます。

 

ですが、自分に関連しない、情報がない場合には
ユーザーの悩みの種類から深さを考える事は
難しいと考えています。

 

わかりやすい例でいえば、人それぞれ
相手には共感されにくいだろうな 。」
と思っている悩みが少なからずあると思います!

 

私はいくつもあります(笑)

そういったものを、知識や体験がない人に
想像できるか?考えだせるか?といえば
それは難しいと思いませんか?

 

私は、そう簡単ではないと思います。
そのために必要は対策をご紹介します。

 

1つのジャンルを徹底的に詳しくなる

学ぶ

アフィリエイトでは、ジャンル選びで今後の
アフィリエエイト報酬が大きく大きく変わってくると
言われています。

 

参入するジャンルで、実際にアフィリエイト報酬が
変わってくることは事実だと私も思います。

 

例えば、強豪が多いジャンルに初心者が参入しても
一向に稼げない状態が続くとおもいます。

 

アフィリエイトのスペシャリストが数多くいる中で
知識も経験もない人が参入しても
厳しいだけだとおもいます。

 

このように、どこのジャンルを狙っていくかで
今後のアフィリエイト生活にも大きな影響がでます。

 

先ほどの、ユーザーの悩みを具体的に言語化するために
相当な知識や体験がないと深くまで掘り下げて
表現することは難しいといいましたが

 

それを、実際に誰にでも実現させる方法があります。

 

「1つのジャンルに徹底的に詳しくなること」

 

コレに尽きます。才能うんぬんで誰にでもできます。
はじめは誰でも、知識のない素人なのですから
当然ありきたりな情報しか知らないですが

 

徹底的に学んで詳しくなることで
かなり濃い記事を書き上げることができます。

 

ライバルサイトとの差別化にもなりますよね!
ライバルが片手間で知識を補給している中で
自分が徹底的に学べば見えてくる情報を違ってきます。

 

他人とはかぶらないサイト記事も作る事ができます。

 

専門家レベルになるわけではないですし
書籍10冊も読めばかなり知識は得ることができます。

 

ここまで、話すとこう心配する人がいます。

「1つのジャンルにそんなに時間を使ってもいいの?」

 

1つのジャンルに徹底的に詳しくなることで
そこから幅を広げていくことが可能になります。

 

ダイエットに関しては、「数千種類」という数の
ダイエット方法があると思います。

 

基礎知識をつけてしまえば、後は「脚痩せ」「お腹やせ」なdp
カテゴリを増やしていけばサイトはいくらでも
作っていくことができます。

 

需要があるジャンルでしたらいくらでも
作成は可能です。
基礎知識があるので、それだけでも強いと思います。

 

ジャンルを分散しすぎているアフィリエイターは
1つ1つのジャンルについて情報を多く入れてなかったり
浅い知識でサイト量産をしているので
1つに特化していくとより良いものになります。

 

参入するジャンルはしっかりと時間をかけて
決めていくか。一通り試してみるか。は自由です。

 

ユーザーの悩みを言語化してあげるテクニックを
自分自身に身につけてしまえば、ユーザーに共感される
サイト作りの第一歩になると思います!
「参考記事」→新規サイト作成のテーマは自分の体験がおすすめ

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*