1カラムサイト(ペラサイト)のメリットとデメリットについて

ag

アフィリエイターであれば頻繁に使用する機会がある1カラムスタイルのサイト。
でも、いまいち1カラムサイトの特徴やどのような状況で使用するべきか
理解していない人が多いので今回はシンプルに解説していきます。
ペラサイト作成や商品レビューページ作成の参考にどうぞ!

1カラムサイトとは?特徴とメリット

 

基本的にウェブサイトのスタイルは1カラム、2カラム、3カラムに分けることができます。

 

例えばですが、2カラムは、メインカラムに加えてサイドバーが左右どちらかにあります。

3カラムスタイルサイトはメインカラムに加えて、2つのサイドバーがあります。

 

1カラムサイトは、サイドバーがない一枚のプリントのようなページです。
サイドバーなどに逃げ道(広告やカテゴリ)がない状態ですので
1カラムページの場合は、ユーザーが集中して文章を読んでくれる可能性が高まります。

今ご覧になっている当ブログは右にサイドバーがあるので2カラムスタイルですね^^
 

1カラムサイトのメリットとして、視界に入ると邪魔な情報を無くすことができる点です。
特徴的な1カラムサイトの使用方法は、レビューサイトやペラサイトなどがあります。

 

反対にデメリットとしては、1ページにサイドバーを表示できないので
ページ移動する確率が減少したり、2カラムや3カラムよりも一度で視界に入る
情報量が少ないことです。

 

2カラムにも3カラムにもメリット、デメリットがありますので
とくに、深く考えすぎる必要はまったくありません

 

1カラムサイトでレビューページを作る

 

アフィリエイトブログでおすすめの情報商材やツールを紹介するために
作成されたレビューページは「1カラム」の場合が多いです。
余計な情報が入ってこないためにサイドバーを消してレビューに集中させるためです。

 

基本的には、「購入ボタン」もしくは「ページ離脱」この2択しかない状況になります。
見込み客が、1カラムスタイルのレビューページへ誘導させた場合に
成約か?離脱か?この2択を選択させることができるので
サイドバーなどが目立つページよりも成約率が高いページを作ることができます。

 

1カラムタイプのレビューページはメインサイトと別ドメインを取得して
作成するのでも構いません。
メインサイト記事から1カラムレビュー記事へ飛ばすことも可能です。

 

初心者でも簡単に、1カラムレビューページを作成したい場合には
シリウス(ツール)もしくは、INFOPLATE5WP(WordPressテンプレート)などがおすすめ。

 

1カラムサイトでペラサイトを作成するメリット

 

ペラサイトとは、余計な情報やページをなくしてユーザーに伝えたいことだけを
シンプルに伝えるために作成されたサイトを意味します。

 

一般的なブログやサイトと比較すると、テキスト量も情報量もページ数も
限りなく少ないサイトですが
ムダな情報を省き、最低限の言葉だけで伝えているので
しっかりと作りこまれたペラサイトは2014年現在でも稼ぐことができます。

 

このようなペラサイトを作る場合には、1カラムスタイルをおすすめします。

 

イメージしていただくのは、ランディングページのようなスタイルです。
ブログやサイトとは違い、複数の記事は書かずに
1ページだけで、必要な要点やメリットやユーザーが知りたいことなどを
簡潔にわかりやすく伝えていきます。

 

1カラムで作成するペラサイトですが、WordPressでもHTMLサイトでも可能です。
記事が数十記事入れていくミドルサイトよりも作成まで時間が短く
キーワード選定の練習や文章の練習などアフィリエイトで必須のスキルを
手に入れるために非常に有効的な手法になります。

 

ペラサイトであれば、1日数時間程度で完成します。
私はペラサイトが好きなので気になるキーワードがあれば
1カラムスタイルのペラサイトを作成して反応を確かめたりしています。

「関連記事」→ペラサイト量産のメリットとデメリットについて

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*