グーグルアドセンスで稼ぐために必要な作業と気にしてはダメなこと

グーグルアドセンス

 

グーグルアドセンス広告で初心者の方が稼ぐために
必要なことはアクセス数が肝心です。
ムダな数値などに気持ちがそれてしまうとどうしても
作業に集中できなかったり1日の報酬額に一喜一憂して
いると思うように成長できないので大切なポイントを
まとめてご紹介いたします

 

今回はグーグルアドセンスについての記事を書いていきます。
私もグーグルアドセンス広告を使用しはじめて2年が経ちました。

 

当時の私は、トレンドアフィリエイトノウハウで学び
月に20万円〜30万円くらいを稼ぐブログを2つほど持っていて
毎日毎日5記事から10記事ほど大量にブログ更新していたので
多い時ではグーグルアドセンス広告収入だけでも80万円近くいくことも
ありましたが現在では、自分で記事をかかずに外注に依託して

記事の作成からサイトにアップまでの、一連作業をまかせています。
ある程度アドセンス広告で収益が上がるブログを作り上げることが
できれば外注に費用を支払い資産ブログを構築することも可能です。

 

そこまでの、ステップにいくまでにどのようなことを意識して
行動していけば良いのかをご説明いたします。

 

グーグルアドセンス広告で稼ぐ秘訣はアクセス数が1番重要

 

アドセンス広告でかせぐためにはアクセス数が命です。
あなたのブログのジャンルがFXや金融などの高単価のジャンルでも
ブログ自体にアクセスが流れてこなければ一切報酬は発生しないのです。

 

ブログやサイトは主に検索エンジンからのアクセスが基本ですが
先ほど例に挙げたFXや金融関係の検索エンジン上でトップクラスの
競争率をほこるジャンルに挑んだところで検索エンジン上位に
表示される可能性は0でいくらコンテンツが素晴らしくても
恐らく稼げるようになるまでには3年ほどかかってしまいます。

 

それでは本業で、アフィリエイトを実践するには時間と労力がかかりすぎるし
それであれば普通にアルバイトしたほうが現実的にお金が稼げます。

ですから私たち本業アフィリエイターがブログやサイトで
アドセンス広告を使用して稼いでいくためには
ブログへのアクセス数が命です

 

ーグルアドセンス広告はサイトにポチッと貼付けておけば
アクセス数のおよそ1% (平均的なクリック数)は広告をクリックすると
言われております。もちろんサイトなどによっては
数値に差が出るとは思いますが私の経験からいくと
下は0.3%から上は4%くらいまでの平均的なクリック数を
ほこるサイトを所持しておりますので多少誤差はありますが間違いではないです。

アドセンス数値

うするあなたのブログのグーグルアドセンス広告の
クリック率が1%だとすると100アクセスにつき1クリックが
見込めますね。
1クリックあたりの広告単価が30円だとすると1000アクセスで
報酬が300円になりますね。

 

ちなみに1000PVあたりの広告表示収益をRPM ともいいます。
RPMの略称はRevenue Per Milleといいます。

 

RPM数値が大きいサイト=収益性の高いサイト(儲るサイト)
となりますので一応覚えておいて損はないかとおもいます。

なにみまだグーグルアドセンス広告を利用して
現在稼げていない方はこのRPMを気にする必要はありません。

 

 

日によって変動しますし一喜一憂していると気持ちがどうしても
数値ばかりに意識がいってしますので見なくても大丈夫です。

月に10万円ほど稼げるブログに育てば
どんどんマニアックに数値を挙げるために最適化を
計っていくと収益性がアップするのでおすすめします。

 

あなたが毎日することは報酬の確認ではなく記事の更新作業

 

もしあなたが現在アドセンス広告の収益が頭打ちになって
困っているとすれば解決策は新規サイトの立ち上げか
あなたのブログ内容(コンテンツ&SEO対策)に力を入れることをすすめます。

あなたのブログのアクセス数がTwitterやFacebookなどの
ソーシャルメディアからの集客を行っていない場合は
検索エンジンからのアクセスが90%を占めていると思います。

 

ブログ記事は検索エンジンからの入り口ですので
記事数が100しかないブログと300記事あるブログでは
検索エンジンからの入り口が多いわけで後者が圧倒的に有利なわけです。

 

すからブログに記事数が少ない場合はもっと
記事数を増やすために作業をすることが必要です。

グーグルアドセンス広告はいまでも稼げるのか?という記事でも
かきましたがアドセンス広告で稼ぐためにはアクセス数の多さが報酬へ直結しますので
まずはアクセス数を増やすことに専念しましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*