ペラサイト作成で反応が良かったキーワードで複数サイトを展開する

結果が出ない

ペラサイトを日々作成していると、反応が良いサイトと悪いサイトに
ハッキリと分かれてくるかとおもいます。
今回は、ペラサイト量産から見えてくるデータを元にして
更に大きく収入を増やす方法をごしょうかいします。

購買につながったペラサイトキーワードを抜き出す

わたし自身も、これまでにペラサイトを数多く作成してきましたが
なかには、まったく稼げないままバックリンクサイトへ降格するサイトや
月に数万円稼いでくれる、立派なペラサイト様なんかもあります。

 

ペラサイトを作っている時は、真剣に作業しているので
「絶対に反応が取れるペラサイトにするぞ!」 と意気込みますが
ライバルが強かったり、狙ったキーワードが外れたりすれば
残念ですが、稼ぐことのないペラサイトになってしまいます。

 

あたりまえなのですが、ペラサイトを量産しても
すべて稼げるようになることはありません。。

 

私の場合は、20%〜ほどの確率になるとおもいます。
ただ、あくまでもこの数字は伸ばしていくことができるので
ペラサイト量産をはじめるまえに、やる気をなくさないことが大切です。

 

では、本題に入っていきます^^

 

ペラサイトを作成していると、アクセスが順調に集まり購買へつながる
優秀なペラサイトが生まれてくるかとおもいます。

 

この反応がよかったペラサイトは、そのまま放置しておくよりも
キーワードを抜き出して、再利用することで更に収益をあげることができます。

 

キーワードは繰り返し使える

自分でがんばって作成した、ペラサイトから反応が良いキーワードを発見したとします。

これは、あなたにしかわからない秘密のキーワードです。

 

このキーワードで、もう一度ペラサイトを作成するのもひとつの手です。

icon-finger1-b私のおすすめは、中規模サイト(10記事以上~)を作ることです。

 

反応が取れるとわかっているキーワードはお宝キーワードといえます。
ペラサイトのように、コンテンツ数が少ないサイトでも上位表示できるほどですから
ライバルも少なく、チャンスだということがわかります。

 

ペラサイトは、基本的にシリウスで短時間でつくり上げる方が多いと思いますが
中規模サイトほどの大きさになると、シリウスよりもWordPressで
更新を続けていくほうがいいのではないかとおもいます。

 

「お宝キーワード」 を元に、コンテンツ記事を10記事〜ほど書き上げて
サイトへアップして、数ヶ月時間をかけて様子をみていくべきですね。

 

被リンクは、最低限送るだけでいいとおもいます
無料ブログから数本、自分自身が気がついた頃に送り
じっと、様子を見守っていきながら、次の作業へ進むと効率よく
自分自身の収入源を増やすことが出来ます^^

 

ペラサイトは、作成しはじめてから完成するまでの時間は数時間です。
つまり、1日に5ペラサイトほどであればだれでも作れます。

 

icon-arrow4m-g-r ペラサイトは、バックリンクサイトにも変化しますし
そのまま収益を生む資産サイトにもなります。
さらには、キーワードを抜き出して、次へつなげることも出来ますので
アフィリエイトで収入を加速させる手法としてはかなりおすすめです。

 

ポイントは、作業量にありますので、諦めず感情に左右されずに
コツコツと手を動かし続けることで
自然と報酬額が増加していきます。

 

次回は、ペラサイト作成にあたりもう少し具体的に記事を
書いていきたいなとおもっています。
最後まで、ご覧いただきましてありがとうございます。

 

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ISO より:

    はじめまして、ランキングから初訪問させていただきました、たけ塾のISOと申します!
    最初はペラサイトってどうなんだろう?と思いながらページを読ませてもらったのですが、これはペラサイトで市場調査をしているってことですね!
    で、イケそうなキーワードを集中的に攻めていくのだと思います。
    一つ大きいサイトを作ってコケてしまうとモチベーションがダダ下がりしてしまいますから、この手法はなんだか安心できる方法ですね!

    教えてもらったお礼に、3つ応援のポチさせてもらいました!
    これからもよろしくお願い致します!

コメントを残す

*