稼げるキーワードを自分の力で探すために必要な5つの条件とは?

キーワード選定を必須スキル

稼げるキーワードを自分では見つけられない。
ああ・・・またライバルブログに上位表示されて
稼げないまま終っていく・・・・。
キーワード選定にかんする重要な情報を
お伝えしていこうかとおもいます。^^

キーワード選定の善し悪しが
サイトアフィリエイト
売り上げ(報酬額)に大きく影響してきます。

今回は「自分の力で稼げるキーワードを探すために必要なこと」を
テーマにお話をしていきます。

稼げるキーワードを自分の力で見つけるように
なるまでに必要なことを、裏技的な要素ではなく

思考停止しているアフィリエイターであればあるほどに
見落としている当たり前を.再度確認そして応用へ。
つなげていき一生キーワード選定に困らない

小手先のテクニックではなく本質的なキーワード選定手法に
ついてご紹介をさせていただきます。

 

稼げるキーワードを自分の力で探し出す為に必要な○つのこと

お宝キーワード

稼げるキーワードは、自分の頭で思い浮かべたり
簡単にポン!っと見つかるモノではありません。

つまり誰にでも思いついてしまうようなキーワードは
すでに強力なライバルサイトが上位表示しているのです。

簡単に頭に思い浮かぶキーワード=ライバルが強い(競合率が高い)

このように新規で1からブログでライバルが大勢いる
キーワードを狙っていくにはすこし時間と労力が
かかりすぎてしまい恐らく1年2年単位で考えなくては勝てません。

ですから、そういった競合が多いキーワードを避けるために
必要なことは自分の力で稼げるキーワードを見つける
能力を身につける必要があるのです。

いま現在あなたがサイトアフィリなりトレンドアフィリなり
キーワード選定が苦手で探す出す方法さえもわからない。

方法はわかるけど面倒臭くて.そこまでキーワード選定に
力を入れていない。

そういった場合はいつまでも同じ繰り返しで
稼げるようになることはなく
それ以上の報酬をアフィリエイトで稼いでいくことは不可能です。

そのようなことを避けるためにも.日々成長していかなくては
いけないのでまずは、基礎のキーワード選定について学びましょう。

 

キーワード検索ツールに頼っていては稼げるキーワードは探せない

キーワードを探す

キーワード検索ツールを利用して稼げるキーワードを選定し
ようと考えている人は大変危険です。

キーワード検索ツールがいけないのではなくて
始めからそういったツールにまかせてしまうと
自分では何も考えようとしなくなるからです。

つまり、「頭を使うことは最小限に抑えたい」という
気持ちが強くなり.意識して苦しいことをしたくない
のでツールに依存してしまいがちです。

キーワード選定にツールを使用することは必要ですが
まずは.正しいツールの使用法や順序を守る必要があります。

キーワード検索ツールを使う場合は.儲るキーワードを
探し出すというよりもライバル調査や需要(検索ボリューム)を
見極めるために活用することをオススメします。

ではキーワード検索ツールに依存してしまわないために。
自分の力で稼げるキーワードを見つける必要があります。

続いては、さらに本質的かつ忘れてしまいがちな点について
お話を続けていきます。

 

検索エンジンを利用するのは人間だということ

検索エンジンで検索

あなたが今所有しているブログやサイトから
商品購入やサービスを利用するユーザーはすべて
人間ですよね。

プラウザーを通しているがその奥には必ず人間がいると
いうことを忘れてはダメなのです。

サイトやブログだと直接.訪問者と会話をすることは
ないかもしれませんが
しっかりとユーザーの気持ちや思いを考える事が重要です。

「検索エンジンを使用するユーザーの多くは悩みをもっている」
悩みをもっていてその悩みが深い人ほど.購買意欲が高かったりします。

ここでしっかりと検索エンジンを利用してブログやサイトに
アクセスしてくるユーザーの気持ちを考えてみましょう、

 

  • 購買意欲の高いユーザーとはどういう人だろうか?
  • どのような悩みを持っていてどのようにして解決したいのか?
  • どれほど深い悩みなのだろうか?
  • 関心がどれほど高いいのか?低いのか?
  • 何を思ってユーザーはキーワードを検索するのか?

 

などといったように、稼げるキーワードは実をいうと
「アクセス数が多い少ないではなくユーザーの気持ちを意識
して考えることが大切」

アクセス数が多くても少なくても稼げるキーワードには
それほど関係はありません。

むしろどれくらい検索エンジンを利用してくる
ユーザーの気持ちを汲み取ってあげることができるか?
考えることにどれほど.労力と時間を使えるか?

 

ここが非常に重要であり大切なポイントです。
はっきり言って、検索エンジンの集客云々よりも
ビジネスとしての基礎でもあります。

では次にもう少しユーザーの視点にたって気持ちを
考えていくことにしましょう。

 

〜まとめ〜

  • ツール依存はユーザーの気持ちを考えなくなる
  • ツールに頼らなくても稼げるキーワードは探せる
  • ユーザーの気持ちを汲み取ることが絶対条件
  • キーワード選定にしっかりと時間と頭を使う

ユーザーの気持ちを一度考えてみよう!

相手の気持ちを考える

興味のないまたは知識や関心がないジャンルで
サイトを作成していくには書籍やネットでの
情報収集はかかせません。

でも、いくら情報があろうともその分野については
一切の経験がないわけです。

例として、あなたが「乾燥肌」をテーマとした
サイトを作成しているとしましょう。

いくら知識や情報があるとはいえ
あなたが乾燥肌で悩みを抱えた経験がないかぎり
ユーザーの気持ちにはなれません。

 

実際に、情報を収集してサイトにすることは
とても簡単です。
情報をまとめて記事にしてしまえばいいだけ。

なので、タイピングができれば誰にでもできることです。

「情報の寄せ集めサイトなんて腐るほどある」

誰にでもできることは価値が少ないです。
情報を書籍から抜いて記事にしたサイトは腐るほどあるし

私たち経験者であれば、サイトを見ればわかります。
大抵そういったサイトは儲りにくいです。

稼げなくて落ち込む

なぜなら「ユーザーの共感が少ないから」
いくら悩んでいたとしても.解決策があろうとも

体験談や実際に乾燥肌で悩んでいたりして
自分がコンプレックスや悩みを克服した
実践記のようなサイトがあれば

ユーザーは共感して「情報のよせ集めサイト」よりも
信頼と興味をいだいてくれることは言うまでもありません。

こういったように、ユーザーの気持ちをじっくりと
考えていくことでより良いサイト作りにも繋がりますし
なによりも価値のあるサイトになります。

キーワード選定はユーザーの気持ちから広げて
いくことで需要のある記事をかくことができます。

差別化がしっかりとできているサイトは
ファンもつきやすいですし長く継続的に
安定してお金を稼ぐサイトに成長していきます。

 

〜まとめ〜

  • ユーザーの気持ちになれるか?
  • 自分が実際に抱えている悩みをキーワードに使うと良い
  • 共感をうむサイト作りを目指す事が必要
  • 情報の寄せ集め際サイトよりも、体験談や実践記などが
    ユーザーは興味を持ち共感が生まれやすい(信用がつく)

ユーザーは感情をストレートに検索する

ストレートに感情を検索

キーワード検索ツールに頼りすぎることを
やめて自分の頭をしっかりと使いユーザーの
視点になって考えていくと色々気がつく事があります。

「私たちは、悩みや感情をストレートに検索する」
ということです。

あなたも実際に経験があるかと思います^^
思いついた内容を検索エンジンにそのまま入力して検索!

例えば、明日の天気と気温が知りたかったとすれば
感情をストレートに検索エンジンに入力するとこうなります。

「 東京 明日 天気 なに 」

まあこのように(笑)正しく検索エンジンにヒット
するかしないかは別として・・・。

私も気になればすぐに思いついたワードを複数
入力して検索エンジンをしらべものをします。^^:

さらには、友人や家族などには話しにくい内容でも
検索エンジンでは素直に感情をストレートにして
検索することができます。

 

例えば、自分の口臭が気になっている場合。

恋人に向かって「私の口って臭い?教えてくれない?」
・・・なんてこと恥ずかしくて絶対に言えない!となれば↓

検索エンジンを活用するとその人は
このように感情をストレートに表現し検索します。

「自分の口臭い たしかめる 」
「口臭い たしかめる方法」
「口の臭い 恥ずかしい 聞けない」

などといったようにシンプルに検索をするはずです。

つまり私が何を伝えたいかといいますと….
「人間は検索エンジンで悩みや感情をストレートに本音で調べる!」

ということになのです!。
検索エンジンに遠回しな内容で検索する人はいません(笑)

 

先ほどの口臭に悩んでいる人であればこのような
検索の仕方はしないはずです↓

「私の口って臭さくなければいいな。」
「私の口臭は臭くないはずだ」
「口臭 自分 勘違いなはず」

などといったように(笑)遠回しすぎる内容で
検索する必要もなければ理由もないのですw。

実際に面と向かって恋人に聞きづらい問題でも
検索エンジンであれば素直に恥らずとも
解決策を見いだしてくれるので

こういった当たり前といえばあたりまえですが
もう一度深く考えてキーワード選定に役立ててください。

 

〜まとめ〜

  • 人間は検索エンジンには素直にストレートに感情を検索する
  • 検索エンジンはネットならではの検索キーワードがたくさんある
  • 人間は検索エンジンに遠回しな内容では検索しない
  • 当たり前だが、実はとても重要なポイント

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*