ユーザーがコンテンツを保存(SBM.お気に入り)する”5つの感情”

コンテンツをシェアされやすくなる特徴

ソーシャルブックマーク(SBM)から被リンクを貰いやすい傾向にある
ブログ記事の5つの特徴をご紹介していきます。
あなたのブログ記事もポイントを意識して書く事で
はてなブックマークなどのSBMから被リンクを獲得しやすい
コンテンツを生み出すことができるようになります。

ユーザーがコンテンツを保存する5つの動機

なぜ、ユーザーはコンテンツを保存するのか?について考えていきます。
基本的に5つの動機からユーザーはコンテンツを保存すると
いうことがわかっています。

 

ブログ記事をリンクするという行為は”紹介”と”保存”の2つの意味があります。

TwitterやFacebookなどで拡散するのであれば”紹介する”ことが目的です。
後で読みたい.またいつか読みたいと考えてSBMなどでリンクする場合は”保存する”にあたります。

今回は.”保存されやすいコンテンツ”の特徴について解説していきます。

 

ユーザーがコンテンツを保存したくなる5つの動機

『”後から読みたい”』
→時間がない場合やじっくりと読みたいコンテンツに多い。情報量が多い記事など。

『”共有したい”』
→思わずだれかと共有したくなるようなコンテンツ。友人などとシェアしたい。

『”知識を取り入れたい”』
→保存するコンテンツが自分に関連している、知識として取り入れたい。

『”記録”』
→日々の記録として残しておきたいから保存する・ファンなど。

『”トレンド』→
話題についていく”→今流行っている情報を保存する。見逃したくない。気になる。

ユーザーがソーシャルブックマークで保存したくなる動機の例です。
いずれの感情が動機となりブックマークして保存して
おきたくなるということになります。

 

あなたも実際に.はてブなどのSBMを利用したことがあるのであれば
どの動機に当てはめてコンテンツを保存したか?・・・と考えてみてください。

 

私の場合は、『後で読みたい』という動機で保存することがよくあります(^^)

では、次により支持されやすい(被リンクを貰いやすい)コンテンツパターンを紹介します。

 

被リンクを貰いやすいコンテンツを作成するために必要なこと

被リンクを貰いやすいコンテンツを作成するのは簡単ではありません。
毎回毎回はてぶなどのソーシャルブックマークユーザーに
支持される記事を書いていくことは至難の業です。

ユーザーの気持ちを理解して情報提供する

個人的に気をつけている事としては
ユーザーが知りたい情報を解決してあげる記事。を意識して
書くようにしています。

 

ユーザーの多くは検索エンジンからのアクセスになりますので
検索エンジンにキーワードを入力してヒットした内容から
自分が求めている記事タイトルを選びブログへアクセスされるわけです。

 

それなのに、記事タイトルとは関係ない内容だったり
結局解決ができないまま記事が終ったりしていたら
ユーザーとしては不満足に終ります。

そういったコンテンツはGoogleも評価してくれませんし
何よりもユーザービリティを向上させるために
価値のない情報を上位表示する理由は1つもないのです。

 

ユーザービリティを大切にしているGoogleは
よりお客様にGoogle検索エンジンを気持ちよく使用してもらい
使いやすい便利な検索エンジンを目指しているわけです。

ですから、私達コンテンツを提供する側の人間は
Googleの意向に沿ってコンテンツ作成をしていく必要があります。

 

SEO対策なども.自分のためでもあり自ユーザーのためでもあります。
しっかりとユーザーの気持ちを理解しながら
意識して良質なコンテンツを作成していきましょう^^

 

ですが、アフィリエイトブログであればすべて情報提供ではなく
別の視点からも価値を提供していきましょう!

1記事1メッセージを意識して記事をかくことで
ユーザーに情報や気持ちを伝えやすくもなります。
コンテンツ作成は.ただ自分の思った事を書いていてもダメなので
なかなか難しいですが.相手のことを考えながら
記事を書いていく練習を日々重ねていきましょう^^

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*