訴求力の高い記事タイトル1つでアクセス数が大きく変わってくる3つの理由

トレンドアフィリエイトアクセス数

記事タイトルはコンテンツの入り口です。
入り口がしっかりしていないとユーザーは
興味を持たなくなりコンテンツが読まれることはありません。

より大勢のユーザーを引き寄せるために
記事タイトルを工夫する必要があります。
今回は「訴求力(そきゅう)が高い記事タイトル」をテーマにして
記事を書いていきます。

ユーザーは記事タイトルをみて一瞬で判断を下す

ユーザーは検索エンジン上にズラーっと並んだ記事タイトルをみて
一瞬で興味があるかないかを判断してコンテンツを読むかを決めます。

 

ですから、記事タイトルは非常に重要なのです。
コンテンツの入場口が記事タイトルと考えてもらえればわかりやすいです。

コンテンツ内容が素晴らしくても入り口で引き付ける事が
できなければ違うサイトへユーザーが流れてしまい
アクセスを減らしてしまう原因になります。

 

そのようなことを少しでも減らすために記事タイトルを少しでも
魅力的にする訴求力の高い記事タイトルのつけかたをご紹介します。

 

訴求力を高めてユーザーにアピールする

訴求力とは、広告などで.対象者に訴えかける力です。
この記事を見てくれ!興味を持ってください!と声に出して訴えかけることは

できないので記事タイトルで勝負していきます。

しっかりとタイトルでアピールする

 

『アフィリエイト初心者必見!3ヶ月で稼げるブログを作る5つの秘訣!』

 

↑例えばこのような記事タイトルがあるとします。

この場合、アフィリエイト初心者を対象にしてタイトルをつけていますので
アフィリ初心者であれば食い付く可能性がありますし
すでに初心者レベルではない方でしたら興味はしめさないでしょう。

 

秘訣としては、記事タイトルに対象としているユーザー層を
はっきりと示しながら具体性を持ったタイトルをつけることが必要です。

上記の記事タイトルですと、数字を利用しています。

 

一度数字を抜いたタイトルだとどうなるか?
実際にご覧下さい。

『アフィリエイト初心者必見!稼げるブログを作る秘訣!』

・・どうですか?アフィリエイト初心者を対象にした記事だと
いうことは理解できても数字がないと具体性がないですね。

 

『アフィリエイト初心者必見!3ヶ月で稼げるブログを作る5つの秘訣!』
このように数字をいれるだけでユーザーはより
具体的に記事内容をイメージすることができます。

数字はとてもすごいパワーをもっています。
数字を入れてあげるだけでさもスゴそうな記事に見せる事もできます。

『120キロのデブ男がたった6ヶ月で40キロ減量した方法』

ただ数字を加えるだけでものすごく興味がわいてきませんか?
120キロもある男が6ヶ月で40キロも減量?!??ってなりませんか?

ついつい記事の中身を確認したくなってしまいますね^^

 

『保存版』稼げないアフィリエイターが5ヶ月で報酬1000万円稼ぎだした1つの秘訣
このタイトルだとタイトル頭に『保存版』つけています。

ユーザーに訴求するわけです。この記事を保存してくれと!
こちら側の提案ですので無意識的に価値を感じてソーシャルブックマークなどで
保存してもらえるかもしれません、そうなれば被リンクゲットです。

 

また、数字で具体性をだすことは記事内容の情報量などを
ユーザーがイメージしやすくなります。
『○○のテクニック10選』などでしたら10のテクニックが
記事内容で紹介されているのだな。と感じてくれます。

このように記事タイトルには大きな意味があることを理解
していただけたかと思います。
まとめ記事のタイトルなどを参考にするととても勉強になります。

 

必要な要点をわかりやすくタイトルづけしてあるので
ネイバーまとめなどで様々なまとめ記事のタイトルを参考にして
学習してください^^

PS.書籍タイトルを変更しただけで
何十万部という大ヒットを記録したりすることもあると
聞いた事があります。

書籍などのタイトルも非常に時間をかけて
考えられているものが多いので
本屋さんなどに言った場合はご覧になってみてください。

それだけタイトルは重要な役割ですので意識してタイトル付けをしていきましょう!

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ころん より:

    ランキングから遊びに来ました。

    数字が入っていたりすると

    思わず見てみたいという感じになりますね。

    勉強になりました。

    ありがとうございます。

    1. ore kojishow より:

      こんにちは^^

      そうですね!
      数字があるだけで具体的になります。

      記事タイトルは重要ですね

コメントを残す

*