あなたは誰に向けてサイト記事を書いているの?サイト文章の書き方について

サイト記事の書き方

普段あなたが書くサイト記事は誰に向けて書いていますか?
サイト記事をかくときには伝えたい内容と伝えたい相手を
しっかりと定めて作成すると読まれやすい記事を書く事ができます。
読まれない、読み辛い記事を書いていると知らないまま
長い間記事更新を続けていては時間のムダですのでしっかりと確認しておきましょう。

 

誰に対して記事を書いているのか?

サイト記事をかくときは自分の書きたいことをそのまま書き連ねるよりも
伝えたい内容と伝えたい相手をイメージして一度整理してから記事を
書き進めていくことをおすすめします。

 

あなたのファンしか見ていないサイトだとすれば
自分が書きたいことを好きなように書き連ねればよいのですが
そうではない場合は、しっかりと相手を定めてから記事を書きます。

 

アフィリエイトサイトでも、初心者に向けて情報発信しているサイトとそうではないサイトがあります。

例えば、初心者に対してアフィリエイトサイトを運営している場合は
わかりやすい言葉で丁寧に解説していく必要がありますよね。
初心者が知らないような、専門用語を連発しているようでは伝わらないということです。

 

「SEO内部対策は〜○○』←なんてことを記事にしていても
初心者にはチンプンカンプンなわけです(笑)
SEOとはなんぞや?といったところから説明していかなければいけません。

 

逆に、初心者ではない層に対して情報発信しているアフィリエイトサイトは
より高度で専門的な情報を発信しても、サイトへ訪れるユーザーの大半が
初心者レベルではないため、わざと簡単な用語を使用したりする必要もないです。
より抽象的なレベルでのアフィリエイトについて解説されていても問題ないですよね。

ですから、まず自分が記事にして書きたい内容は誰に対して向けて書くのか?

 

「○○○という内容を○○○に向けて記事を書いていく」

 

アフィリエイト系の情報発信サイトを運営していないという方でも
トレンドアフィリエイトなどを実践しているのであれば同様に、
誰に対して、どのような内容を伝えていくかをしっかりと定めて下さい。

 

100人いて100人全員に伝わる文章(記事)は絶対に書く事はできません。
ある一定の層に向けて記事を書く事を意識していれば
全員に向けて書いている記事よりも伝わりやすいです。

 

初心者に向けてSEOを解説している記事で、SEO知識をすでに修得している
中級者も同時に対象とした記事を、書く必要は一切ありません。
むしろ、初心者といわれるレベルでない人間は、記事を見ないので
わざわざ初心者以外の層を意識して記事をかく必要はないということです。

『関連記事』→1記事1メッセージを意識して記事を書く

 

より伝える文章にするための小さなテクニック

記事を伝える

 

内容と伝えたい相手をイメージして文章をかくことを意識していけば
恐らく今までよりも、文章で気持ちを伝えることは上手になります。

 

そして少しだけ工夫して記事をかくとより伝わりやすい文章にする小さなテクニックを説明します。

この4つを意識するだけでも文章の読みやすさと見た目も変わります。
そして精読率もあがります。

 

『漢字を多用しすぎないこと(見た目を軽くする)』

・漢字を多用してサイト記事を書いているとなんだが読む気持ちが失せてしまいます。
いつもサイトを定期的に訪問してくれる常連さんなどではない限り
はじめて訪問した人は「読み辛い」「読みにくそう」と感じた瞬間サイトから離脱します。

ほぼ9割の方が最後まで読んではくれないでしょう。
漢字を使用しなくても問題がない場合はひらがなもしくはカナで対応します。
そうすることでサイト記事の見ためが軽くなります。(読みやすさアップ!!)

 

『数字を使用する(具体性を出す)』
・数字を文章中や記事タイトルで使用すると具体性が増します。
数字がないよりもあるほうがわかりやすいですよね?

「アフィリエイトで稼ぐための秘密を暴露します!」
「アフィリエイトで稼ぐための5つの秘密を暴露!」

このように数字を1度入れるだけで記事内容をイメージすることができます。
ユーザーが読みたくなるような記事タイトルを意図的につけることも可能です。

 

『難しい用語を使用しない(理解できない)』

・難しい用語は使用しないでください。あなたが理解していても読み手側は
何を意味しているのか理解できない場合があります。
自分が理解できない用語ばかり乱立している文章だと読む進めることは不可能です。
小学生が大学生の教科書を見ても何も理解できないのと同じで
難解すぎる用語を使いすぎることは精読率を下げる原因の1つです。

 

 

『不要だと感じた文章は削除する(文字数を減らす)』

・不要だと感じた文章は積極的に削除する。文字数を減らしてあげる事で
読み手側のユーザーのためにもなります。
有名なコピーライターさんの言葉で記憶に残っているものがあります。

 

「コピーライティングは読者への愛情」、という言葉の通りで
たしかに伝えるための文章や読んでもらうためのテクニックなどは
読者への愛情なのかもしれません^^

伝えたい相手をイメージしてから文章を書く事を意識して
これからは快適にサイト記事を作成してください^^
より効果的な記事の書き方を理解しておくだけでも
アフィリサイトの反応率は全く変わってきますのでお試しください。

文章の世界は奥がとても深いです。日々精進あるのみですね!
最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. こじしょーさん

    こんにちは、そめちんです!

    今回のテーマは初心者が陥る確率の高い
    問題点をついていますね!

    私も以前

    「誰に読んで欲しいのかわからない。」
    「ターゲットをもっと具体的に決めるんだ」

    とアドバイスをもらったことがあり
    勝手に職場の先輩に向かって書いてる
    感じです(笑)

    でも、そうすることで内容が
    少しは具体的になった部分もあるかなと
    感じています。

    まだまだですけどね!

    あとは「書かないと」って猛烈に
    やればやるほど文章て伝わりにくく
    なると思います。

    ですから、今回の4つのポイントは
    とても参考になりますね。

    私ももっと早く知りたかった!!!

    それでは、今回もタメになりました!

    失礼します。

    1. ore kojishow より:

      こじしょーです!

      たしかに…文章は気持ちだけが空回りして
      何を書いているか意味がわからなくなっていたりしますよね。^^:

      よく、わかります。
      ターゲットを的確にイメージして記事を書くことで
      より伝わりやすい文章にもなりますし
      読み手側の読者のためにもなりますよね!

      いつもコメントを下さりありがとうございます(^^v

コメントを残す

*