トレンドアフィリエイトサイトでGoogle規約違反がないか確認する

マネタイズ収益

トレンドアフィリエイトサイトが検索エンジンからも安定して
ユーザーを集客できるようになり、ようやく1人前のサイトとして
認められた段階までに到達してから気をつけることを紹介します。

 

トレンドアフィリエイトサイトを運営するうえで気をつけること

 

独自ドメインを取得後WordPressでサイト運営を開始して
数ヶ月経過したことから、ようやく安定して検索エンジンからユーザーを集客できてきます。

 

トレンドアフィリエイトサイトを運営していくうえで気をつけてもらいたいのが
ある程度アクセス数がサイトへ集客できるようになった時期です。

 

安定してアドセンス報酬を稼げるようになると毎日更新していた記事も
3〜4日に一度ほどのペースに落としても問題はないとおもいます。
ですが過去にうっかりと規約違反を起してしまっているケースがよくあり

 

ようやくサイトが軌道に乗ってきたと感じた矢先に、アドセンス広告配信停止なんて
ことになればその日からあなたの収入源とアドセンス報酬は失うことになります。

そんな悲惨な惨劇を犯してしまわないためにもしっかりとエラーチェックしましょう。

 

トレンドアフィリサイトのエラーチェック項目

・アドセンス広告上部に「スポンサードリンク」と表記はあるか?
・アドセンス規約に違反しているコンテンツに広告を設置していないか?
・規約で禁止されている過激なワードなどを記事やサイトで使用していないか?
・広告配信許可設定はしっかりと個別で管理しているか?
・アドセンス広告と記事テキストや画像と見分けがつく配置になっているか?
・無意識のうちに広告周辺の文章で誘導を臭わす文言を使用していないか?

 

トレンドアフィリエイトサイトで気がつかないうちに、うっかりミスを
犯してしまう規約違反は意外と初歩的なエラーだったりします。
上記でご説明した項目は少なくともすべてのサイト記事を1つ1つ丁寧に
確認しておくべきポイントです。

 

面倒だから…自分は大丈夫だから…なんてことを言っている人に限って
数ヶ月でアドセンス広告配信停止なんてこともよくある話ですので
怠らずにしっかりと細部まで気を使って自分自身の収入とサイトを守りましょう。

 

あくまでも、アドセンス広告を掲載して企業などから広告収入を頂いているわけですから
Googleアドセンス規約には何がなんでも120%従うべきなのです。

 

私は、アドセンス3割:物販広告7割ほどの比率でサイトをマネタイズしていくことを
おすすめしています。何らかのアクシデントでアドセンス広告が使用できなく
なっても問題なく収入を得ることができます。

 

アドセンス広告に依存しているサイトは危険だと、過去の記事でも解説した通り
100%すべての収益の源をアドセンス広告に任せていると
いつ収入がなくなってもおかしくはありませんので

 

月収を30万円以上稼げるようになるまでは、徹底的にリスク分散をして
いつ、いかなるトラブルにも平然として対応できるほどの
余裕を持ちながら安心できる環境を今のうちから構築しておきましょう。

 

サイトはあなたの生活を守ってくれる大切な収入源ですから
最低限自分ができることすべては実践しておきましょう。
今回のアドセンス広告規約違反がないか?などの
エラーチェックなども大前提の話ですので
いままで気にしたこともなかったなんて人がいれば相当危機感が薄い証拠です。

 

そういう人から、アフィリ業界で稼げなくなっていくので
外部要因でのアクシデントに対応できるほどの収入源を
いまのうちにコツコツと構築していくことも今のうちからはじめましょう(^^)

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*