アフィリエイトはモノを売るだけではない!価値ある情報を提供できているか?

アフィリエイトサイトを差別化

紹介するだけでモノが売れる時代ではありません。
生き残る人間と、消えるに人間の2つにハッキリと別れていきます。
この記事では、アフィリエイトの本質を解説していきたいと思います。

 

アフィリエイトで生き残るためには”差別化”が必須

 

アフィリエイトを知らない人から
アフィリエイトってそういったビジネスなのか?と質問されれば

私はわかりやすく↓
「他人の商品を紹介して、成約数に応じて報酬を貰える広告仲介業の役割」と説明します。

 

でも、これだけ聞けば、サイトやブログで商品を紹介しているだけで
お金が稼げてしまうボロ儲けビジネスと勘違いされてしまうかもしれないです。

紹介してお金を貰えて、誰もが報酬を稼げるWebビジネスではありませんよね?
誰にでも、アフィリエイトをはじめることができますが
だれにでも稼げるのか?といえばそうではありません。

 

2014年現在では、アフィリエイトの認知度も高まっていて
アフィリエイト新規参入者は増え続けています

 

これからアフィリエイトで稼ぎ続けていくためには、ライバルとの差別化を
計っていかない限り生き残ることは難しいです。

 

マニュアル通りにサイトを作り、情報商材には皆とおなじ特典をつけて
同じようなサイト記事を更新して、よくあるアフィリエイトサイトになっているようでは

ユーザーはどこから情報商材を購入しても同じなわけです。

 

差別化を計らないと、お客さんはあなたのサイトから購入するメリットもありません。
近所に、ローソンが10軒あるとすればどのコンビニで買い物をしても
同じですので、わざわざあそこのローソンに行こう!なんて事にはなりません。

 

10年前だとブログやサイトにアフィリエイトリンクを貼っておくだけでも
勝手に商品が成約していた可能性もありますが、今ではありえませんよね。
アフィリエイトは誰にでもできて、誰にでも稼げるビジネスではないということです。

 

差別化を計りライバルに負けないために必要なこと
ライバルに克
アフィリエイトで差別化をはかり稼いでいくために必要なことは何でしょうか?

自分自身を他人にどう魅せるかが重要になってくると思います。
どういう意味かというと、アフィリエイトサイトは数多く存在しているわけです。

 

例えば、アフィリ塾へ入塾した人間のサイトはテンプレがすべて同じで
サイトの見た目なども同じだったりするわけです。

先ほどのローソンの例と同じで、似ているサイトテンプレで同じような
情報発信をしていても意味がないということです。

自分が現在運営しているアフィリエイトサイトでユーザーに何を伝えたいのか?
また、どのような情報を発信していくことが目的なのか?

ただ、アフィリエイトサイトでサイトの作り方やありきたりな情報を
更新しててもあまり効果はないです。
検索エンジンからの集客はできるかもしれないですが
あなたの見込み客になる確率は低くなります。

 

ただ、アフィリエイトを教えるのではなくて
アフィリエイトを通じて何を手に入れるために情報発信してくのか?
などといった具体的な将来像などを提案していくことが
あなたに共感してくれる人が増える可能性は高いです。

 

私利私欲のために、あれこれ様々な情報商材を売り込みまくったりしてる
サイトなんかに共感や魅力を感じるどころか嫌悪感がうまれるだけです。

アフィリエイトサイトはほぼ同じ情報を発信して同じ情報商材を紹介している
のですから、差別化を計るためには運営者が面白くないと、誰も魅力を感じません。

 

あなた自身がユーザーへ提供する情報に付加価値をつけて
魅力を感じてもらうことが絶対に必要です。

現在も活躍しているトップアフィリエイター達を
みればわかると思うのですで、あきらかに一般のアフィリエイターとは異なります。

 

自分自身の見せ方などが上手だと、ライバルとの差別化に成功しているので
興味をもったりおもしろいと感じてくれる人間が増えます。

そういったことを踏まえてアフィリエイトサイト運営に役立ててください。
なぜ、自分のサイトからはモノを売れないのか?と考えたときに
これから必要なことが見えてくると思います^^

 

まとめ

・差別化を計っていかないと稼げない。
・どのような目的でアフィリエイトサイトで情報発信しているのか?
・あなたのサイトから商材を購入するメリットは?
・価値を与えることはできているのか??
・客観的にみてあなたのアフィリエイトサイトはどうか?
・共感・興味をいただくような情報発信はできているか?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*