サイトコンテンツのネタ切れ注意!ニッチすぎるキーワード選定は危険?

ネタ切れ

アフィリエイトサイトのネタ切れはとても危険です。
ライバルサイトに負けないためのサイト運営術を
コンテンツ量や更新頻度などを中心にわかりやすくお話しします。

 

 

サイトコンテンツを充実させる

 

ライバルサイトにコンテンツ量で、負けていれば話になりませんよね。
コンテンツ量が少ないサイトは、検索エンジンからの集客数も少ないです。

 

サイトコンテンツは検索エンジンからの入り口と考えると
サイト記事が500あるサイトと100しかないサイトでは
入り口の数が5倍も違うわけです。

 

当然、サイトコンテンツが豊富になってくるとSEO的に見ても良い影響がありますし
1つ1つコンテンツを丁寧に作成しているのであれば
検索エンジンからの評価を自然と高まります。

 

よほどキーワード選定に大きなミスを犯していない限り
見込み客がサイトへ訪問してくれないということはありません。

サイトコンテンツを充実させるためには情報をそれなりに収集して
いかなければいけないので、おすすめの情報収集方法を紹介します。

 

私の場合は、あるキーワードでサイトを作成すると決めれば
関連するテーマの書籍は4〜5冊購入して一通り目を通して
知識を書籍から吸収して、サイトコンテンツにしていきます。

 

書籍から情報収集

 

書籍1冊や2冊だと情報に偏りもありますし、4〜5冊から情報を収集して
サイトコンテンツ記事を作成することは情報量の差でも有利です。
1冊1000円前後だとしても5000円ほどの投資で済みます。
5000円なんて1〜2ヶ月サイト運営を続けていれば
アフィリエイト報酬ですぐに元を取る事が出来ます。

 

ある程度コンテンツ数が数百記事まで溜まってしまうとネタ切れになってしまう
可能性がありますので、避けるためにも情報収集を続けなくては行けません。

 

サイトコンテンツのネタ切れは致命的!?

サイトコンテンツのネタ切れは致命的です。
サイトで更新するネタがなくなってしまうと記事更新ペースが低下するので
SEO的に考えても更新頻度を一定に保つ必要があります。

 

サイトコンテンツ記事のネタ切れにならないために、気をつける事は

「更新しているサイトテーマがニッチすぎやしないか?」

 

新規アフィリエイトサイトを開設するさいには、なるべくニッチな市場を
狙っていくことは正攻法ではあるのですが
あまりにも専門的すぎるテーマでサイト更新していると

 

「あれ…これ以上。コンテンツにできるネタがない….」

 

このようなことになってしまう可能性もあります。
専門的すぎると幅が狭すぎるので、ビッグキーワードと比較すると
情報量が少ないです。

 

気をつけておきたい事は、サイトテーマを絞りすぎないことが重要です。

 

短期的に稼ぐサイトを作りたいというよりも2〜3年と長期的に運営して
安定した収入の柱となるアフィリサイトを作りたい方が多いはずです。

 

2〜3年間継続して更新していくサイトとなれば狭すぎるテーマでサイトを
作成していれば、どこかでネタ切れになってしまうことは必ずあります。
広すぎず+狭すぎないキーワードを狙ってサイト運営を続けてください(^^)

 

サイト運営テクニックまとめ

・ニッチすぎるキーワードはネタ切れになる可能性がある(情報の枯渇)
・キーワードは「広すぎず」「狭すぎず」
・サイトコンテンツは検索エンジンからの入り口
・コンテンツ量は定期的に増やしていく
・コンテンツ更新頻度は落とさない方が良い
・サイトコンテンツの情報源は書籍で充分

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*